" " とても便利なみずほ銀行カードローン "
"

収入証明が不要なみずほ銀行のカードローン

総量規制対象外

消費者金融など貸金業法が適用される金融機関からお金を借りる場合には、総量規制の対象となるため、収入の3分の1を超える金額を借りることはできません。しかし、みずほ銀行は貸金業法ではなく銀行法が適用となるため、総量規制は対象外となっています。銀行が独自に設定している審査基準に基づいて審査が行われるので、総量規制対象外だから借りやすくなるというわけではありませんが、銀行が返済能力ありと判断すれば、収入の3分の1を超える金額でも借りることは可能です。

200万円までなら収入証明不要

銀行からお金を借りる場合、借入希望額が100万円を超える場合には返済能力を証明するという目的で源泉徴収や給与明細などの収入証明の提出が一般的です。しかしみずほ銀行のカードローンを申し込む場合、すでにみずほ銀行に預貯金口座を持っていて、かつ借入希望額が200万円以下の場合には、収入証明を含む書類の提出は一切不要となっているのが特徴です。もちろん、借入に際しては審査が行われますが、書類の提出が必要なく、審査は即日で行われるので、みずほ銀行に口座を持っている人なら最短で即日に融資を受けることができるのです。

借入額は最大1000万円まで

借入額が200万円を超える場合には、収入を証明する書類の提出が必要となり、それに基づいて審査が行われて利用限度額が決まります。どんな基準で利用限度額が決められるのかはみずほ銀行の審査基準に基づくわけですが、返済能力があると見なされれば、カードローンで最大1000万円まで借りることができます。ただし、借り入れ希望額が大きくなればなるほど、銀行側も審査には慎重になりますし、審査条件も厳しくなっていきます。返済能力を証明するために収入に加えて、住宅や土地などの不動産の有無なども審査項目に加わって来たり、過去の借り入れ状況や返済状況などもチェックされることになります。もちろん、1000万円の利用上限でも、必要なければ1円も借りる必要はないですが、カードローンは持っているだけで大きな安心感を得られると言えます。

"
Copyright(C)" みずほ銀行カードローンの評判まとめ "All Rights Reserved.
"