" " とても便利なみずほ銀行カードローン "
"

みずほ銀行のカードローンを完済する方法

何回でも使える

みずほ銀行のカードローンは、完済しても口座が自動的に解約されるというわけではなく、ずっと持っていて必要な時にサッと使える便利なタイプとなっています。カードローンの口座を持っていることで口座維持費や年会費がかかることはありませんし、何年間も全く使わなくても残高が減ってしまったり、手数料が発生する心配はなく、一度口座を開設すれば自分で解約するまでいつでも自由に使える状態を維持することができます。

完済方法はいろいろ

みずほ銀行のカードローンの残高があと少しになっていて、完済したい場合にはいくつかの方法から選ぶことができます。まず、自動引き落としを利用する場合には、毎月の返済額よりも少額で完済できる場合には、最終的な返済は完済できる金額で引き落としがかかります。引き落としは毎月10日で一般的な返済日と変わることはありません。みずほダイレクトを利用して任意完済したい場合には、完済できる残高を1円単位で指定して返済を行い、残高をゼロにすることで完済できる仕組みになっています。

ATMからの完済

ATMから完済する場合には、気を付けなければいけない点があります。それは、ATMを使っての完済では、1円単位で入金出来ないという点です。例えば、完済まで2800円という状態で完済したい場合、ATMに入金できるのは1000円単位になるため、3000円を返済することになり、おつり200円が発生します。このおつり200円はその場で受け取ることはできず、みずほ銀行から後日銀行口座への振り替えという形で返金されることになります。もしも不安な場合には、銀行の窓口に問い合わせれば、何日ぐらいで返金してもらえるのかを知ることができますが、一般的にはカードローンの返済額を計算する時期におつり分の返金手続きが行われて、銀行口座へ自動的に振替入金されるようです。カードローンの口座にずっとおつりがキープされてしまう心配はないので安心してくださいね。

"
Copyright(C)" みずほ銀行カードローンの評判まとめ "All Rights Reserved.
"