" " とても便利なみずほ銀行カードローン "
"

カードローンの金利は上限が決まっています

1、ばらばらに見えてもルールがあります

実際にカードローンの金利について調べてみると、各社でいろいろな数字が設定されています。どこが高くてどこが低いのかをチェックして利用先を決めることになりますが、この数字もしっかりとルールが定められているのです。

これは法律で決められていることなので、もしもその数字以上の金利を設定しているところがあれば、闇金なので気をつけてください。ほかにお金を貸してくれるところがなかったとしても、借りて返済するだけで大損をする可能性があるからです。

2、利息制限法で決められた数字

カードローンの金利は、利息制限法によって制限されています。

10万円未満なら年率20%、10万円から100万円未満なら18%、100万円以上なら15%までです。この数字が、金利を設定する際のルールになります。

以前は、グレーゾーン金利と呼ばれるものがあり、この数字以上の金利でお金を貸しているカードローンがたくさんありました。これは法律で厳格に定められていなかった頃の話で、現在はしっかりと決められているので安心してください。

ちなみに、利息制限法以上の金利でお金を借りていた場合は、正しい金利で計算をし直すことで払いすぎた分を返還してもらえます。これが、いわゆる過払い金です。

3、ギリギリまで設定しているところとしていないところ

利息制限法の数字を意識して、カードローンの金利を見てみると、多くの会社がぎりぎりの数字を設定しています。小数点以下の差がついているくらいなので、ほとんど差がないと言っても良いくらいです。

しかしそんな中で、あきらかに低い金利を設定しているカードローンもあります。それは銀行系カードローンです。

消費者金融系は利息制限法ギリギリの金利ですが、銀行系はそれよりも数%少なめに設定されていることが多くあります。しかし金利が低い反面、審査が厳しめになっているので、利用しようとしても上手くいかないことがあります。

細かい理由もありますが、好条件にしつつもハードルを上げることで、返済されないリスクを下げてバランスをとっているからと考えてください。

"
Copyright(C)" みずほ銀行カードローンの評判まとめ "All Rights Reserved.
"